外科・消化器外科

診療時間

曜日
午前 高野裕 貫野 高野靖 高野裕
貫野
交替制
午後 高野靖(肛門外来) 佐藤栄吾
診療開始 午後1時30分

印は予約診療となります。
休診・代診、診療時間変更についてはこちらをご覧ください。

診療科について

当院外科は港区にある東京慈恵会医科大学附属病院の関連施設であり、それに伴い日本外科学会、日本消化器外科学会の専門医修練指定関連施設になっております。
当科では大学病院で専門領域の診療を経験した医師が最新の技術、知識をもって診療にあたります。
従来の開腹手術も行いますが、傷が小さく、体に負担の少ない腹腔鏡手術も積極的にとりいれております。
高難易度手術を要する疾患は大学より医師を招聘し、安全かつ最先端の治療を行っています。
患者さんだけではなく、ご家族も安心して治療を受けられるように、中野区だけではなく練馬、豊島、新宿など近隣の開業の先生方とも連携をとり、患者主体の医療を心がけております。

診療科で診る病気

悪性疾患:消化器がん(胃、大腸、肝臓、膵臓、胆道)、GISTなど
良性疾患:肝胆膵疾患(胆のう炎、胆管炎、胆のう結石、総胆管結石)
     ヘルニア(そけい、大腿、腹壁瘢痕など)
     消化管良性疾患(虫垂炎、憩室炎など)
     肛門疾患(痔核、脱肛、痔ろう、裂肛など

救急医療

当院のコンセプトは“救急は断らない”です。
おなかの急を要する疾患(虫垂炎《いわゆるもう腸》、憩室炎、腹膜炎、腸閉塞など)はほとんどが外科の領域であり、迅速かつ適切な治療を心がけております。
外来診療時間以外でも可能な限り対応いたしますので、遠慮なくご相談ください。
ただ、手術中、他の重症患者対応中の際は対応困難なこともありますので、その際はご容赦下さい。

腹腔鏡手術

近年、消化器(胃、大腸、胆のう、肝臓)の手術は従来の開腹法だけではなく、腹腔鏡手術も行われるようになりました。当院でもガイドラインに沿って積極的に導入しております。
腹腔鏡手術とはいわゆる“傷の小さな手術”で、炭酸ガス(CO2)でお腹を膨らませて、お腹の中に手術する空間を作り、小さな傷から入れた腹腔鏡で観察しながら鉗子と器械を用いて手術します。腹腔鏡手術は、従来の開腹手術に比べ(1)術後の痛みが少ない、(2)術後の回復が早い、(3)傷が小さい、という利点があります。
適応疾患は以下に示しておりますが、高難易度手術には大学よりその道のエキスパートを招聘して、安全かつ確実な手術を行っております。

外科
外科
外科

診療内容と特色

胃がん・大腸がん

胃がんは日本人に多いがんで、大腸がんは食生活の変化などから増加しています。多くの早期がんは無症状ですが、いずれも検診の普及により、比較的早期に発見、治療が可能になりました。加えて胃がんの場合はピロリ菌が関与しているともいわれ、除菌治療により手術が必要なケースも減ってきています。しかし一方で吐下血、腸閉塞などの症状で病院を受診し、進行がんの状態で発見される方も少なくありません。当院では消化器がんの病期(ステージ)と患者さんの年齢、全身状態に応じて適切な治療を行うよう心がけております。
早期がんに対しては消化器内科と連携し、内視鏡的治療(粘膜剥離術:ESD、粘膜切除術:EMR)も積極的に施行しておりますが、追加切除(内視鏡治療だけでは根治不十分なときの手術)を要する場合には腹腔鏡手術を行っております。
進行胃がんに対してはガイドラインに沿って、腹腔鏡または開腹手術を行います。
進行大腸がんは基本的に腹腔鏡で行いますが、病状などにより開腹で行うこともあります。

肝臓がん、膵臓がん、胆道がん

肝臓がんについてはがんの大きさ、個数、肝臓の予備力を考慮し、肝切除、凝固療法、血管内治療などから最適な治療法を消化器内科と連携の上で選択しています。
膵臓がん、胆道がん(胆のう、胆管)は積極的な切除(開腹)を目指していますが、病期によっては腹腔鏡で行うこともあります。
病状によっては抗癌剤との組み合わせで最良の治療法を選択し、早期の社会復帰を目指します。

胆のう結石、総胆管結石、胆のうポリープ

胆道とは肝臓でつくられる胆汁がながれていく道のことです。その胆道にできる石のことを胆石といいます。胆のう結石は存在しているだけでは悪さはしませんが、胆のうの出口につまって炎症(胆石発作、胆のう炎)をおこしたり、胆のう内から落下すると、胆管炎や黄疸などの原因になることがあります。胆のう結石の治療は石をとるだけではなく、胆のうを摘出する必要があります。
当院では、胆のう結石症や胆のうポリープに対しては、体への負担が少ない腹腔鏡手術を第一選択としています。炎症が強い場合は開腹手術をすることもあります。総胆管結石を伴っている患者さんに対しては、内視鏡を用いて総胆管結石の除去を施行した後、腹腔鏡で胆のうをとる手術を行います。
胆のうポリープはほとんどが良性ですが、増大傾向、術前検査で血流がある場合は悪性の可能性もあります。外来で相談させていただき、原則的に腹腔鏡で手術治療をおこないます。

そけいヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア

なんかこのところ下腹部が膨らんでいる、違和感がある、痛むなどの症状はありませんか?もしかしたらそけいヘルニアの可能性があります。もともとヘルニアは脱出するという意味で、外科で扱うヘルニアはいわゆる脱腸です。原因は年齢、体型、生活習慣などによる構造的な問題であり、手術で修復する必要があります。当院では従来の手術も行いますが、ご希望により腹腔鏡手術もおこなっています。いずれの手術もメッシュという人工物を用いて補強修復を行います。
大腿ヘルニア(そけいヘルニアに似ている)、腹壁瘢痕ヘルニア(手術の傷がポッコリでている)などの治療(従来法、腹腔鏡)も行っております。
入院期間は患者様の安全を考慮して、原則3泊4日でおこなっておりますが、ご希望により短縮することも可能です。

痔核(いぼ痔)、痔瘻、裂肛(切れ痔)

痔核(脱肛、出血)、痔瘻、裂肛、肛門周囲膿瘍など肛門疾患の診断・治療を行っています。

木曜の午後に専門外来(予約制:電話でも可能です)を設けております。
おしりの悩み事はなんでも気軽にご相談ください。


関連する専門外来はこちら

診療実績

スタッフ紹介

貫野 宏典

貫野 宏典

医長

主な経歴

  • 2002年 藤田保健衛生大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 一般消化器外科
  • 腹腔鏡手術

専門医・指導医

  • 日本外科学会専門医
高野 裕太

高野 裕太

医長

主な経歴

  • 2008年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 上部消化管外科

専門医・指導医

  • 日本外科学会専門医
高野 靖大

高野 靖大

医員

主な経歴

  • 2012年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 外科一般
  • 下部消化管外科
髙橋 澄加

髙橋 澄加

医員

主な経歴

  • 2015年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 外科一般
石田 航太

石田 航太

非常勤医師

主な経歴

  • 2008年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 消化器外科一般
  • 消化器内視鏡検査

専門医・指導医

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本病院協会臨床研修指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定医
  • 日本外科感染症学会ICD認定医
  • 日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医