眼科

診療時間

曜日
午前 野呂瀬
大越
受付11時まで
大越 大越
芳田
大越
受付11時まで
大越
樋口
大越
芳田
午後 野呂瀬 大越
13時半~
芳田 樋口
受付14時まで

休診・代診、診療時間変更についてはこちらをご覧ください。

診療科について

当院では全般的に眼科診療や治療をしているが特に白内障や正常眼圧緑内障などの経過観察、治療が中心です。
当院では高齢者の受診者が多く他科との連携で眼科疾患につき幅広く診療、治療をしています。
また救急医療指定病院であるので眼科救急診療(眼球打撲症例、緑内障発作、急激な視力低下の精査、眼球運動制限による複視など)必要があれば時間外でも診療に応じてゆき、精査加療をしています。

▶︎ 南東北眼科クリニック手術実績はこちらから

対象疾患

  • 白内障
  • 正常眼圧緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 結膜炎
  • 網膜静脈分枝閉塞症
  • その他 黄斑部疾患、視神経疾患 神経眼科疾患などの眼科診療一般

診療内容と特色

白内障

軽度白内障で見え方に自覚症状が無ければ白内障点眼剤で経過観察をします。
白内障患者については白内障点眼剤を処方して2から3か月1回診察して、視力低下の自覚が強く矯正視力が0.6前後になれば手術を勧めています。
白内障手術について、原則は1泊2日で片眼入院して手術を施行。希望があれば日帰りでも対応しています。手術日は月曜日午後、水曜日午後、木曜日午後で施行しています。
白内障手術成績はおよそ99%から98%は問題なく1%から2%術中合併症が出る事をまず患者さんにお話しをしてゆき、白内障手術を受ける患者さんには、わかりやすく手術手技、術中術合併症の内容、術後気をつける日常生活の注意点を説明しています。
更に白内障の混濁の程度、硬さ、白内障手術の難易度についても解説し、当院の手術希望があれば治療を行います。

正常眼圧緑内障

今日本人に多い緑内障です。
視野検査や光干渉断層系(OCT)を使用しての経過観察、使用すべき緑内障点眼剤につき治療方針を決めます。
正常眼圧緑内障を無治療で経過をみると将来どのような視機能の不自由さがでるか話をしてゆき視野障害が進行しないとされる目標眼圧を決めます。
近年、緑内障点眼剤も効果ある点眼剤が出てきており緑内障手術も回避できる可能性が高くなり緑内障の視野異常に関心を持ち緑内障点眼を自主的に行い自己管理する重要性につき話をします。

糖尿病網膜症、糖尿病黄斑症

網膜光凝固術
蛍光眼底写真を行い、無血管野領域に対して新生血管緑内障や硝子体出血を予防する目的で網膜光凝固術を行います。
糖尿病黄斑症で黄斑症、黄斑浮腫の認めた症例についてステロイドテノン嚢注射、抗VEGF硝子体注射について適応できるかどうか診断します。

また、メガネ処方も火曜日、金曜日に処方に応じます。コンタクトレンズの処方も可能です。

手術件数(上位5位)

内容 Kコード 2017年度
水晶体再建術(白内障手術) K2821ロ 180 件
結膜結石除去術 K2211,K2212 36 件
網膜光凝固術 K2761,K2762 34 件
後発白内障手術 K282-2 15 件
涙点プラグ挿入術、涙点閉鎖術 K200-2 8 件

スタッフ紹介

大越 洋治

大越 洋治

医長

主な経歴

  • 1989年 北里大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 正常眼圧緑内障
  • 視野
  • 眼科一般
  • 白内障手術

専門医・指導医

  • 日本眼科学会認定眼科専門医
芳田奈津代

芳田 奈津代

非常勤医師

主な経歴

  • 2001年 千葉大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 眼形成
  • 白内障
  • 緑内障

専門医・指導医

  • 日本眼科学会認定眼科専門医