医療連携支援センターのご案内

医療連携支援センターは、医療福祉課(地域連携・医療相談)とリハビリ連携サポート室(回復期リハビリ・TMS治療担当)、ベッドコントロール室を統合し、2018年4月より始動いたしました。

多職種での横断的な情報共有を行い、ご紹介いただく患者さんの受け入れ、入院加療、ご紹介元への逆紹介など、あらゆるサポートを通して地域医療の架け橋となることを目標としています。

副院長ご挨拶

平素より医療連携支援センターに格別のご高配を賜り御礼申し上げます。

2017年4月よりB棟の新規オープンを無事迎えることができましたのも、ひとえに地域の先生方のご支援、ご指導のおかげと感謝申し上げる次第です。B棟の主体は、救急センター、脳疾患センター、心臓血管センターで、地域の先生方との連携はますます重要になってくると考えております。地域医療連携室一同、以前にもまして、連携に力を尽くしていく所存でございます。

地域の先生方の患者さまをお預かりして必要な検査・治療が終了しましたら再度先生方にお戻しし、患者さまの長期に渡る管理をお願いするという施設としての役割をしっかりと踏まえ、これからも尽力してまいる所存です。

今後ともより一層のご支援とご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

副院長・循環器センター長
塚原 玲子

地域連携に関するご案内

地域医療支援病院を目指して

当院は中野区の北側に位置し、練馬区・豊島区・新宿区にも隣接する立地にございます。ここに杉並区も加えた広域医療圏の中核病院のひとつとなるべく、当院は地域医療支援病院の取得に向けて鋭意努力しております。

そのための一歩として、当院での検査や治療が必要な患者さんをご紹介いただき、病状が落ち着きましたらまたかかりつけ医に診ていただく「紹介・逆紹介」を引き続き進めてまいります。