乳腺外来

診療内容と特徴

乳がんは体の表面からわかる病気ですので、自ら発見しやすいのが特徴です。地域の乳がん検診に加え、自己検診も有効で、特に40歳以上の方、乳がんの家族歴を有する方は要注意です。しこりや血性乳頭分泌が見られた場合、早急に医師の診察を受けてください。乳腺X線撮影(マンモグラフィー)と乳腺超音波(エコー)検査を行います。腫瘤が確認されれば、超音波ガイド下に穿刺吸引細胞診または針生検(組織診)を行い、診断をつけます。

もし乳がんと診断されれば、術前抗がん剤投与を行う場合もありますが、通常は外科手術を行います。その後の再発・転移の予防のためには、術後補助療法が効果的です。すなわち、抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン療法や分子標的治療で、これらのうちで必要な治療を組み合わせて行っていきます。


乳がんは欧米や日本で女性の罹患率第一位のがんですが、早期発見・早期治療できれば治癒も可能です。現在は乳がんの予後は改善されてきていますので、あきらめずに治療を継続していくことが重要です。

外来診療

月曜 午前9時~  羽生(信義)医師
火曜 午前9時~11時30分  志賀医師
金曜 午後1時30分~  羽生(信義)医師


乳腺外来は予約制となっています。ご来院前に ☏03-3387-5545(外来予約専用ダイヤル)までお電話ください。(金曜は予約外でも受付いたします)

医師の都合上、止むを得ず休診となる場合があります。休診情報については休診・代診・診療時間変更のお知らせをご覧ください。

対象疾患

  • 乳がん
  • 葉状腫瘍
  • 線維腺腫
  • 乳腺炎
  • 乳腺膿瘍
  • 血性乳頭分泌
  • 乳腺症
  • 腋窩リンパ節腫大
  • 女性化乳房    など

対象となる症状

乳腺のしこり、疼痛、皮膚の発赤や腫脹、腋の下のリンパ節の腫れ、乳頭からの異常分泌  など

行っている検査

視触診、乳腺X線撮影(マンモグラフィー)、乳腺超音波(エコー)検査、乳腺MRI検査、PET-CT検査、穿刺吸引細胞診、針生検(組織生検)  など

行っている主な治療

外科手術(乳房切除術、乳房温存術、腋窩リンパ節廓清、センチネルリンパ節生検)、化学療法(抗がん剤)、分子標的治療(抗HER2療法)、ホルモン療法、放射線療法  など



関連する診療科目はこちら