呼吸器外科

診療時間

曜日
午前 森川
午後

医師の都合上、止むを得ず休診となる場合があります。休診情報については休診・代診・診療時間変更のお知らせをご覧ください。

当院呼吸器外科について

総合東京病院呼吸器外科では「世界的視野にたった最高水準で最先端の医療を追求し、それを地域の皆さまの診療に活かしていく」ために、24時間体制での医療を目指していく所存です。

2016年4月の呼吸器内科開設を受け、2016年7月より、呼吸器外科統括部長として元金沢大学附属病院呼吸器外科臨床教授の小田誠医師を迎え呼吸器外科が開設されました。

2018年5月には東京慈恵会医科大学呼吸器外科教授を同年4月に退官した森川利昭教授を気胸センター長件呼吸器外科部長として迎えました。森川医師は若年者から高齢者まで様々な病態の気胸に対して豊富な手術経験を有しており、当院の呼吸器外科診療全般を担っております。

呼吸器外科では、肺がん(原発性、転移性)をはじめ、呼吸器外科疾患全般(気胸、膿胸、縦隔腫瘍、手掌多汗症など)を対象に診断から治療まで行っております。特に、肺がんは患者数が年々増加傾向にあり、治療法の選択肢も広がっています。現在では外科切除を受けた肺がん患者さんの5年生存率は69.9%と、約7割の患者さんが5年以上生存できるようになりました。

対応する主な疾患

  • 肺癌(原発性、転移性)
  • 気胸
  • 膿胸
  • 縦隔腫瘍
  • 胸壁腫瘍

検診等で見つかった胸部異常陰影の精査も行っております。原則として受診日に胸部CTスキャンを施行して今後の方針を説明いたします。

当院で施行できる検査

  • CT
  • MRI
  • PET-CT
  • 気管支鏡検
  • 肺機能検査
PET-CT検査機器

手術について

呼吸器外科部長・気胸センター長である森川医師は東京慈恵会医科大学教授として、肺がんを中心に呼吸器外科疾患全般(気胸、膿胸、縦隔腫瘍、手掌多汗症など)を対象に診断から治療まで携わってきました。

他科、他職種との風通しの良い連携のもとに世界最高の医療を患者さんに提供することを心がけております。胸腔鏡を用いた体にやさしい低侵襲手術から進行肺癌に対する拡大手術まで、患者さんの病気の状態に応じた治療を患者さんと一緒に悩み、相談しながら行っています。

診療実績

新年度のデータ掲載に向けて準備を進めております。今しばらくお待ちください。

スタッフ紹介

森川 利昭

森川 利昭

気胸センター長
呼吸器外科部長
(東京慈恵会医科大学客員教授)

主な経歴

  • 長崎大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 呼吸器外科全般
  • 胸腔鏡手術
  • 生体医工学

専門医・指導医

  • 日本呼吸器外科学会認定呼吸器外科専門医・終身呼吸器外科指導医
  • 日本外科学会認定外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会特別会員
  • 日本呼吸器内視鏡学会評議員
  • 日本気胸・嚢胞疾患学会評議員
  • 日本コンピュータ外科学会評議員
  • 日本医工ものづくりコモンズ理事
  • 呼吸器胸腔鏡手術研究会顧問
  • 単孔式胸腔鏡手術研究会会長