呼吸器外科

診療時間

 
午前 森川
午後

医師の都合上、止むを得ず休診となる場合があります。休診情報については休診・代診・診療時間変更のお知らせをご覧ください。

呼吸器外科について

総合東京病院呼吸器外科では「世界的視野にたった最高水準で最先端の医療を追求し、それを地域の皆さまの診療に活かしていく」ために、24時間体制での医療を目指していく所存です。

2016年4月の呼吸器内科開設を受け、2016年7月より呼吸器外科が開設されました。
2018年5月には東京慈恵会医科大学呼吸器外科教授を同年3月に退官した森川利昭教授が呼吸器外科部長兼気胸センター長として着任しました。診療対象は呼吸器外科全般です。


肺がん(原発性、転移性)をはじめ、呼吸器外科疾患全般(気胸、膿胸、縦隔腫瘍、手掌多汗症など)を対象に診断から治療まで行っております。肺がんは患者数が年々増加傾向にあり、治療法の選択肢も広がっています。現在では外科切除を受けた肺がん患者さんの5年生存率は69.9%と、約7割の患者さんが5年以上生存できるようになりました。

近年、胸腔鏡手術の発達により肺癌に対する低侵襲手術(からだにやさしい手術)が可能となったことから、手術の安全性と対象の患者さんが広がりました。

高齢・合併疾患保有者などリスクの高い患者さんに対しても安全に手術が行えるようになりました。また、手術後の痛みや後遺症が激減したため手術後より快適な生活が送れるようになりました。

当院では最先端の胸腔鏡手術を行っており、また新しい手術を開発しています。

気胸センターについて

対応する主な疾患

  • 肺癌(原発性、転移性)
  • 気胸
  • 膿胸
  • 縦隔腫瘍
  • 胸壁腫瘍

検診等で見つかった胸部異常陰影の精査も行っております。原則として受診日に胸部CTスキャンを施行して今後の方針を説明いたします。

当院で施行できる検査

  • CT
  • MRI
  • PET-CT
  • 気管支鏡検
  • 肺機能検査

当院は検査機器が充実しているのも特長です。

大学病院レベルの検査機器を駆使して、より早期により精密な検査を施行しています。

手術について

呼吸器外科部長・気胸センター長である森川医師は東京慈恵会医科大学教授として、肺がんを中心に呼吸器外科疾患全般(気胸、膿胸、縦隔腫瘍、手掌多汗症など)を対象に診断から治療まで携わってきました。

胸腔鏡手術が始められたのは1992年からですが、森川医師は草創時から一貫して胸腔鏡手術に携わり、現在では標準的に行われている胸腔鏡手術法を独自に開発し、国内外への普及に努めてきました。これと並行して様々な肺の修復法や手術器具を開発し、これらの多くは現在標準的に使用されています。


開胸手術は胸を大きく切開して外科医がを入れて行う文字通りの術です。

胸腔鏡手術は手の代わりにスリムな器具を入れて手術を行います。その結果手を入れるのに必要だった大きな切開は、器具が通るのに十分な2-4cmを数個用いることで十分になりました。

胸には肋骨があり、手術はその隙間で行います。開胸手術では手を入れるために肋骨の間を器具で無理に広げなければならず、手術後の強い痛みの原因になっていました。胸腔鏡手術では器具を通すだけの広さで十分なため、肋骨の間を無理に広げる無理に必要がありません。そのため手術後の痛みが著しく小さく、また短い期間で消失します。


胸腔鏡手術では文字通り胸腔鏡という器具を使うのがもう一つの特徴です。

開胸手術では切開創から肉眼で直接観察するため、見える範囲に限りがあり、隅々まで見ることは困難でした。また一番重要な場所には術者がいるので、他のスタッフはその隙間からしか観察することができませんでした。

胸腔鏡は胸の中の一番良い場所から胸腔内をどこでも観察することができ、その画像は全員で見ることができます。画像は自由に拡大でき細かい観察が可能で、記録することも可能です。最近ではカメラの性能が向上し、肉眼をはるかに上回る画像になりました。

手術器具も発展し、様々な新しい手術器具が開発されてきました。


これらの成果により、胸腔鏡手術では開胸手術より格段に精細な操作が可能となり、手術に伴う出血も激減し、手術後の入院期間も半減しました。

たとえば以前では80歳以上の高齢者は手術の危険性が指摘されていましたが、現在では90歳代でも安全に手術を行うことが可能です。

胸腔鏡手術はさらに進化を続けており、より少ない切開創で行う手術が開発されています。
これを単孔式胸腔鏡手術といいます。私たちは単孔式胸腔鏡手術の開発と普及に取り組んでおり、全国の研究会を運営しています。(単孔式腹腔鏡下手術研究会ホームページ

特徴的な手術について

当科では独自に開発した胸腔鏡手術を発展させ、標準的に行われる肺癌に対する胸腔鏡手術や、単孔式胸腔鏡手術に特化した様々な手術を行っています。

なかでも高齢・ハイリスクな難治性自然気胸に対する安全な手術を手掛けています。

気胸センターについて

多職種との連携について

他科、他職種との風通しの良い連携のもとに世界最高の医療を患者さんに提供することを心がけております。
特に関連の深い麻酔科、呼吸器内科、リハビリテーション科とは常に連携して一人の患者様を総合的に診療するよう心がけています。

放射線診断科・治療科とは毎週合同カンファランスを施行しています。
当院は特にリハビリテーションが充実していて、術後早期からリハビリを行うことにより回復を促進しています。


胸腔鏡を用いた体にやさしい低侵襲手術から進行肺癌に対する拡大手術まで、患者さんの病気の状態に応じた治療を患者さんと一緒に悩み、相談しながら行っています。

患者さんに対して

患者さんは病気にまつわる様々な悩みを抱えて来院されます。
その悩みは病気や手術に対する直接的なものから、心の不安、療養環境の不備、はては金銭面の心配まで患者さんにより様々です。

患者さんやご家族には本音のお考えをご自身の言葉でお話しいただき、私たちは専門用語を使わずにじっくり相談させていただきます。
その上で解決法を一緒に考え、提案するようにしています。外科手術以外の問題に対しては担当部署の協力も受け、何が最善の解決かを考えます。

診療実績

呼吸器外科の診療実績は外科・消化器外科の実績に含めています。

詳しくは外科・消化器外科のページをご覧ください。

スタッフ紹介

森川利昭医師

森川 利昭

気胸センター長
呼吸器外科部長
(東京慈恵会医科大学客員教授)

主な経歴

  • 長崎大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 呼吸器外科全般
  • 胸腔鏡手術
  • 生体医工学

専門医・指導医

  • 日本呼吸器外科学会認定呼吸器外科専門医・終身呼吸器外科指導医
  • 日本外科学会認定外科専門医・指導医
  • 日本呼吸器外科学会特別会員
  • 日本呼吸器内視鏡学会評議員
  • 日本気胸・嚢胞疾患学会評議員
  • 日本コンピュータ外科学会評議員
  • 日本医工ものづくりコモンズ理事
  • 呼吸器胸腔鏡手術研究会顧問
  • 単孔式胸腔鏡手術研究会会長