婦人科

診療時間

曜日
午前 永井
齋藤裕
永井
齋藤裕
浅田(第2)
永井(第1・3・5)
齋藤裕
永井
齋藤裕
永井
齋藤裕
交替制
午後 笠原(第2・4)

婦人科では、ご予約や紹介状がない場合でも当日診療を受け付けております。
休診・代診、診療時間変更についてはこちらをご覧ください。

ご挨拶

当院婦人科部門は、南東北グループである、新百合ヶ丘総合病院との協力体制を構築し、2018年5月から診療を開始することとなりました。新百合ヶ丘総合病院の婦人科部門は、良性から悪性まで腹腔鏡で施行可能な施設となっています。全国的にも婦人科腹腔鏡の症例数が最も多い施設の一つです。このような診療経験を生かして、都内の関連施設である総合東京病院での診療を、協力体制のもとに開始することとなりました。

診療内容と特徴

協力体制をとる新百合ヶ丘総合病院は、開院以来、婦人科良性疾患・悪性疾患の腹腔鏡を施行しており、婦人科手術の97%が腹腔鏡で行われている施設です。患者さんのQOLがよりよい治療を目指して、診療を行ってきました。年間の婦人科腹腔鏡症例数は1400件程度となり、国内でも最も症例数が多い施設の一つとなっています。総合東京病院でも、その技術を導入することとなりました。
腹腔鏡下手術は、数カ所の小さな傷から腹腔内を観察し、モニターに映し出された画像を見ながら行う手術方法です。拡大鏡のメリットを生かした精細な治療ができることと、患者さんへの負担が少なくなることが指摘されていますが、一方、経験や修練が必要な技術とも言われています。総合東京病院でも、新百合ヶ丘総合病院と同じクオリティの腹腔鏡下手術を、経験豊富な術者のもとに導入いたします。一般的な良性疾患のみならず、女性のQOLに直結した『ウロギネコロジー』と言われる骨盤臓器脱に関しても対応いたします。
なお、婦人科悪性疾患に対して腹腔鏡で治療を行う場合、子宮体がん・子宮頚がんの腹腔鏡下手術症例の多い、新百合ヶ丘総合病院で腹腔鏡下手術を行い、その後、総合東京病院での術後治療を行うことも可能となります。


💡悪性疾患の婦人科腹腔鏡手術を行う『新百合ヶ丘総合病院』について、詳しくはこちらをご覧ください。
新百合ヶ丘総合病院 低侵襲婦人科手術センター

対象疾患

◆良性疾患
  • 骨盤臓器脱
  • 子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮腺筋症
◆悪性疾患

悪性疾患への腹腔鏡下手術は新百合ヶ丘総合病院で施行予定)

対象となる症状

  • 過多月経、月経困難症、腹痛、貧血
  • 骨盤痛、性交時痛
  • 子宮下垂感、排尿困難、排便困難(骨盤臓器脱に伴う症状)
  • 不正出血、帯下(おりもの)の変化

行っている主な治療

◆良性疾患
  • 子宮筋腫
    腹腔鏡下子宮筋腫核出術、腹腔鏡下子宮全摘術、腟式子宮全摘術、子宮鏡下筋腫核出術
  • 子宮内膜症
    腹腔鏡下子宮内膜症病巣切除術(深部内膜症、子宮腺筋症など)、腹腔鏡下子宮全摘術、腹腔鏡下筋腫核出術(子宮筋腫および子宮腺筋症切除)
  • 卵巣腫瘍
    腹腔鏡下付属器切除術、腹腔鏡下卵巣嚢腫切除術
  • 骨盤臓器脱
    腟式子宮全摘術+腟壁形成術、腹腔鏡下仙骨腟固定術、TOT(尿道スリング手術)

3〜15mmの非常に小さな傷から、腹腔鏡というカメラを入れ、テレビに映ったおなかの中を観ながら、専用の手術器具を遠隔操作する手術方法です。おなかの中を観察するには膨らませることが必要ですが、これにはつり上げ法と気腹法という方法があります。当院では気腹法といって二酸化炭素のガスをおなかの中に入れる方法で主に行っています。腹腔鏡下手術は日本では1990年頃から一般に普及し、現在では器具の進歩と医師の技術の向上により、ほとんどすべての婦人科疾患に適応されるようになりました。当院では腹部から行う婦人科手術のうち、約96%が腹腔鏡下手術となっています。


実際には、おなかの3〜6カ所に小さな穴をあけて手術を行います。おへその1か所とおなかの下の方に3か所の穴を開けるのが標準的な切開の部位です。手術の種類によって穴の数と位置は少し異なります。単孔式・2孔式といって、へそ1か所、またはへそ1か所+下腹1か所の傷で行う手術もあります。また、癒着がある場合や悪性腫瘍の手術などでは複数の切開部位が追加されます。


腹腔鏡下手術が適応とされる病気は、不妊症検査、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症など良性婦人科疾患のほぼすべてと、婦人科悪性腫瘍(子宮頚がん、子宮体がんなど)も対象となっています(悪性腫瘍は新百合ヶ丘総合病院にて手術を実施)。おなかを大きく切る従来の手術に比べて、傷も目立たたず、痛みも少なく、入院日数が短いため社会復帰も早くできる利点があります。しかし、おなかの中の状況によっては、数センチの小切開を加えて腹腔鏡と開腹手術を同時に行ったり、また、手術後や炎症性の病気のためおなかのなかで腸などの癒着が強い状況下では開腹手術に移行することもあります。手術で治療をするご病状によって開腹手術に移行する率は異なりますが、その頻度は低く約0.3%となっております。


※ 上図は一般的な腹腔鏡の配置であり、術式によって配置や創部の数は変わります。



骨盤臓器脱について

膀胱・子宮・直腸・腟などが腟口から脱出する状態を骨盤臓器脱(POP)と呼びます。子宮摘出後でも腟という袋が裏返しになったように下がることがあります。女性の骨盤底の構造的弱点が背景にあり,出産・加齢などにより骨盤底の筋肉(骨盤底筋)が緩み、支持組織が損傷されることが原因と考えられています。米国で女性が80歳まで生きると,約1割がこの種の状況で手術を受けると報告されているほど頻度の高い疾患です。

婦人科

行う術式について

骨盤臓器脱に対する手術方法は下垂した臓器をもう一度補強して支持するものです。その一つとして、従来から行われてきた、元々体にあった組織を縫合する方法があります(子宮全摘術、腟壁形成術など)。長い伝統のある術式ですが、本来ある組織は脆弱(ぜいじゃく)であるため、それらを使った方法は再発率が高いという問題が指摘されてきました。そこでより強固に臓器を補強する材料として「メッシュ」を使うことによって、これまでの方法よりも再発率を抑えることができるようになりました。
それぞれの術式に長所短所があり、状態や希望によって使い分ける施設が多くなっています。
以下に主な手術方法を示します。
主に経腟的手術か腹腔鏡手術か、メッシュを使用するか使用しないかに分けられます。

  1. 腟式子宮全摘術:腟から子宮を摘出する方法です。子宮脱には有効ですが、膀胱瘤や直腸瘤には効果が少なく、また手術後に腟が再下垂(腟断端脱)することがあります。
  2. 腟壁形成術:膣式手術です。腟壁を一部切除し、腟を支えている組織を縫合する術式です。メッシュを用いずに症状を改善することができますが、再発の心配があります。
  3. 仙骨腟固定術(腹腔鏡):腹部からメッシュを挿入して腟・子宮を仙骨に固定します。経腟メッシュ手術と比較すると術後の性交渉に支障をきたす可能性が低いと考えられています。
  4. 子宮全摘+仙骨子宮靭帯固定(腹腔鏡) :メッシュを使用しない術式です。
  5. 膣閉鎖術:腟を縫合して閉鎖する術式です。高齢者では行う場合があります。
  6. 中部尿道スリング:膣式手術です。腹圧性尿失禁に対して、現在では最もポピュラーで効果の高い手術といえます。

メッシュ手術について

今回の手術に用いられるメッシュはポリプロピレンの糸を編んでつくった骨盤臓器脱手術専用の素材で作られております。同じ素材からできたメッシュは外科での鼡径ヘルニアや腹壁ヘルニアの治療に長く使用され、身体への安全性が確認されています。

他の代替的な治療法について

(手術以外の治療について)
軽度な場合には骨盤底筋訓練(体操)や生活指導でかなりおさまることがあります。器具(リングペッサリーやサポート下着など)により症状が改善することもありますが、根本的な治療ではありません。

婦人科

腹腔鏡下仙骨腟固定術 模式図

スタッフ紹介

浅田 弘法

浅田 弘法

新百合ヶ丘総合病院
副院長/産婦人科 部長

主な経歴

  • 慶應義塾大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 婦人科全般(腹腔鏡技術を活かした低侵襲手術)

専門医・指導医

  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
永井 崇

永井 崇

医長

主な経歴

  • 弘前大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 婦人科全般

専門医・指導医

  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
齋藤 裕

齋藤 裕

医長

主な経歴

  • 金沢医科大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 周産期全般

専門医・指導医

  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
笠原 国武

笠原 国武

非常勤医師

主な経歴

  • 筑波大学医学専門学群 卒業

専門としている領域

  • 更年期障害
  • 婦人科一般

専門医・指導医

  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医