総合診療科

診療内容と特徴

患者さん一人一人の最良の解決法を探るには、最新の知識を踏まえ、多様な状況・疾患に対応できる医療の実践が求められています。
当院の期待されている社会的役割を踏まえ、内科的疾患全般に診療医・指導医が連携し、定期的なカンファランスを行っております。疾患を個々にとらえるのではなく、全人的な観点から最良の解決法を選択できるように努めています。
また、地域診療との連携を積極的に行っております。専門診療が必要な患者さんをご紹介いただく一方、病状が安定している患者さんは、かかりつけ医へ状態安定後の診療をお願いしたり(病診連携)、並列で診療を継続することも行っています。

施設認定

日本プライマリ・ケア連合学会認定施設
日本内科学会専門医制度認定教育関連施設
日本病院総合診療医学会認定施設

ご挨拶

当院は、日本内科学会専門医制度認定教育関連施設、日本病院総合診療医学会認定施設として認定を受けており、日本プライマリ・ケア連合学会の教育指導施設としてプライマリ・ケア医を目指す医療者教育の場、家庭医を目指す医療者の研修の場にもなっています。内科系専門診療科全科の協力体制によって、総合診療内科は成り立っています。
私たちは臓器別に診療を行うのではなく、患者さんの全身状態を考慮しながら専門の診療科への橋渡しも行っています。横断的な疾病知識を持ち、各診療科と協力しながら、総合診療内科医が患者さんの抱えている問題を早期に解決できるよう日々努めております。



関連する診療科はこちら