平成30年度 医療法人財団健貢会 総合東京病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 41 100 165 264 504 818 1640 2313 2132 595
【定義】
平成30年4月~平成31年3月に退院された患者さんを対象とした年齢階級別退院患者数です。
DPC算定病棟に入院された患者さんが対象であり、回復期リハビリ病棟の患者さんは対象外となります。
年齢は退院時の年齢で集計しています。

【解説】
入院患者さんは70歳代が最も多く、70歳代・80歳代で退院患者さん全体の半数を占めています。
昨年と比較すると入院患者さんは全体の13%増え、入院患者さんの年齢も70歳代が14%増加しています。
地域社会の高齢化を反映していることがわかります。
平成30年度年齢階級別退院患者数
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 111 16.32 16.18 0.00 73.9
160690xx02xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 経皮的椎体形成術 109 17.73 18.66 0.00 79.8
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 87 12.84 9.69 0.00 79.4
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 86 15.23 16.16 0.00 41.5
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 84 12.17 7.35 0.00 71.3
脳血管内治療・脊髄疾患を多く取り扱っていることに加え、脊椎脊髄センターの併設もあるため多種の手術を行っております。
リハビリ科との連携をとり、早い時期からのリハビリで早期離床を目指します。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 あり片眼 201 1.70 2.84 0.00 77.5
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 あり両眼 - - 5.39 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
白内障・緑内障等の眼球自体の病気が最も多く、地域性もあり高齢者対象となる疾患が多くなっています。
白内障の手術は年間200症例以上施行されています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 28 5.14 5.37 0.00 43.9
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 26 9.12 12.51 0.00 69.2
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 あり 手術・処置等2なし 24 2.00 3.15 0.00 67.1
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 17 9.88 9.46 0.00 31.8
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 14 4.2 4.86 0.00 57.6
顔のケガや骨折、唇顎口蓋裂などの先天異常、続発性の眼瞼下垂等の多種にわたる治療を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 131 25.61 26.30 0.00 85.7
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 37 3.41 5.68 0.00 63.6
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 あり 定義副傷病なし 32 3.75 6.07 0.00 52.3
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 23 9.91 14.27 0.00 31.96
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 21 24.04 24.26 0.00 75.5
骨折や変形疾患などの多くの疾患に対応しています。
早期リハビリを行い、回復に向けて治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 43 11.81 22.64 0.09 81.2
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 25 3.16 2.53 0.00 70.7
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 23 7.09 7.2 0.00 74.4
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 13 3.15 8.86 0.00 76.8
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし - - 4.29 - -
前立腺、膀胱などの検査・手術等の治療を行っています。
前立腺生検の検査等も必要に応じて行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 15 4.53 11.87 0.00 63.5
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり - - 8.66 - -
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - 9.29 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
肺腫瘍等の検査・手術を行っています。
呼吸器内科との連携をとり、早期発見に努めています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 17.40 - -
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり - - 26.73 - -
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 21.62 - -
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし - - 28.37 - -
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2なし - - 17.3 - -
解離性大動脈瘤・弁膜症などの疾患に対し、循環器内科との連携をとり治療を行っております。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 88 2.0 20.4 0.00 56.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 56 27.86 20.92 0.26 84.8
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 26 13.96 19.06 0.00 80.1
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 16.1 14.58 0.00 77.4
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 9.2 8.98 0.00 72.0
睡眠時無呼吸症候群の検査は年間約100症例実施しています。
喘息や、長引く咳などの疾患、腫瘍等は呼吸器外科との連携をとり治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 470 2.44 3.01 0.00 70.9
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 344 3.56 4.47 0.01 71.8
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 116 18.78 17.66 0.01 84.2
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 100 2.08 3.15 0.01 72.3
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 91 5.04 5.50 0.04 75.7
狭心症・心筋梗塞・虚血性心疾患・閉塞性動脈疾患などの治療、検査を行っています。
「ハートライン」を設け、緊急対応を行い治療に当たっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 126 2.10 2.67 0.00 66.4
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 40 7.97 10.08 0.00 79.5
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 20 6.35 7.75 0.00 61.6
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 19 6.42 5.42 0.00 46.9
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 11 8.09 8.93 0.00 66.5
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は年間で100件以上施行されています。消化管全般の治療を行っています。
消化器内科以外の手術に関しては外科との連携にて施行されています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 42 4.69 6.16 0.00 43.7
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 あり 20 5.60 8.86 0.00 71.9
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 17 5.00 6.28 0.00 40.2
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 13 2.00 2.96 0.00 34.5
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし - - 3.20 - -
子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・骨盤臓器脱など良性疾患に対する治療を主に行っています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 44 5.41 4.96 0.00 68.5
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし 40 3.58 4.80 0.00 67.4
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 38 2.37 2.67 0.00 72.1
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 5.55 8.95 0.00 72.3
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 26 5.69 5.42 0.00 54.2
消化器内科と連携をとり、腫瘍の早期発見、治療を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 7.89 - -
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.04 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.10 - -
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 9.02 - -
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2なし - - 12.45 - -
耳・鼻・口・のど・頭頸部の疾患の手術を行っています。
症状や病態に応じて適切な治療・検査・手術を行えるよう対応しています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 -,- -,- -,- -,- -,- -,26 1 7,8
大腸癌 -,- -,- -,17 -,- -,- -,137 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 -,- -,- -,- -,12 -,- -,38 1 7,8
肝癌 - - - - - 11 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
平成30年4月~平成31年3月に退院された患者さんを対象に集計しています。
同じ患者さんでの複数回の入院も集計の数に含まれています。
患者数は延患者数で集計しています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
*同癌のうち複数の版数が混在する場合はカンマ区切りを用いて列記しています。

【解説】
患者数としては大腸癌が最も多く、次に肺癌となっています。
当院では、内視鏡的治療・腹腔鏡的治療・手術・抗がん剤治療・放射線治療など、患者さんの病状に合わせた治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 34 9.1 74.6
中等症 58 15.6 81.2
重症 12 22.8 82.5
超重症 11 29.8 80.4
不明 - - -
【定義】
集計期間中に退院した患者さんのうち、成人と15歳以上の患者さんを対象としています。
市中肺炎とは普段の生活の中で羅患した肺炎を指します。
重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPスコア)により分類しています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。

【参考】 A-DROPスコア
A:男性70歳以上、女性75歳以上
D:BUN21dL以上または脱水あり
R:酸素飽和度90%以下
O:意識障害(肺炎に由来する)
P:血圧(収縮期)90mmHg以下

【解説】
症例数では、重症度に伴い平均年齢・平均在院日数が高齢化・長期化する傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 395 25.1 76.2 0.6
その他 15 28.1 77.3 0.00
【定義】
医療資源を最も投入した脳梗塞の患者さんが対象になります
上記、疾病の発症からの3日以内とその他に分類されています。

【解説】
当院では9割以上の患者さんが発症から3日以内に治療を開始しています。
迅速に治療を開始することにより、早期にリハビリテーションを行い早期離床が可能になります。
併設の回復期リハビリテーション病棟に移行し、在宅・日常生活への障害を軽減できます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 335 1.7 5.0 0.04 71.3
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 130 5.5 16.4 0.28 77.4
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 61 1.9 6.2 0.00 70.6
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 34 0.0 10.9 0.00 67.6
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 32 8.0 24.3 0.00 81.7
心臓血管センター・循環器内科では心臓カテーテール治療を中心とし、心疾患や血管疾患を対象に治療に当たっております。
迅速に高度医療が提供できる24時間対応の循環器専用電話「ハートライン」を設け、救急患者さんの受け入れの体制を整えております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 113 0.2 1.0 0.00 66.3
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 54 2.1 11.8 0.04 78.9
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 49 1.7 9.1 0.01 75.9
K654 内視鏡的消化管止血術 22 1.5 30.7 0.04 76.0
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 17 0.1 1.1 0.00 67.6
消化器(主に食道・胃・大腸)と肝臓、胆嚢、膵臓疾患を中心に診断・治療を専門的に行っております。
上部・下部消化管内視鏡検査で病変があった場合、色素内視鏡や生検検査をおこない、適宜、粘膜切除術(EMR)等も行っています。
外科・消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 46 0.5 6.5 0.00 73.0
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 42 1.5 3.0 0.00 68.5
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 1.4 3.5 0.00 57.6
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 17 0.6 7.8 0.00 48.9
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 6.0 15.1 0.00 70.8
消化管腫瘍等に対しては消化器内科と連携し、内視鏡治療では根治が不十分な場合は追加切除として腹腔鏡手術を行っています。
腹腔鏡手術は術後の痛みが少ない・術後の回復が早い、傷が小さいという利点があります。
良性疾患から悪性疾患まで、一般・消化器外科領域すべての疾患に対応しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) - - - - -
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
呼吸器外科では肺がん(原発性・転移性)をはじめ、呼吸器外科疾患全般(気胸・膿胸・縦隔腫瘍・手掌多汗症など)を対象に診断から治療まで行っています。
術式では主に胸腔鏡下手術を行っています。胸腔鏡下術は開胸手術と比較して患者さんの身体的な負担が少ないため、入院期間が短くなっています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6011 人工心肺(1日につき)(初日) 38 8.2 39.3 0.04 70.8
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5551 弁置換術(1弁のもの) - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) - - - - -
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) - - - - -
心臓病と血管病の手術の必要な患者さんに対して治療を行っております。
心疾患・心不全・不整脈・動脈瘤など手術の適用は多岐にわたり、患者さんの症状や病態に応じて治療を行います。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 107 3.6 54.6 0.07 81.8
K0811 人工骨頭挿入術(股) 68 5.1 54.5 0.01 83.4
K0462 骨折観血的手術(前腕) 68 1.8 12.1 0.01 62.6
K0821 人工関節置換術(膝) 29 3.1 48.1 0.01 74.7
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 34 1.7 7.9 0.00 53.4
高齢者や骨粗鬆症の患者さんに多く見られる大腿骨骨折の疾患や変形膝関節症の手術が上位となっています。
骨・関節・筋肉などの運動外傷、疾病全般に関する治療を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 21 0.0 1.0 0.03 66.7
K0021 デブリードマン(100㎠未満) 15 2.1 35.9 0.00 72.4
K0022 デブリードマン(100㎠以上3,000㎠未満) 11 5.0 53.3 0.04 68.3
K427 頬骨骨折観血的整復術 12 3.2 11.8 0.00 58.5
K0063 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) 10 0.5 1.7 0.00 50.5
形成・美容外科センター及び口唇口蓋裂センターを設け、体の表面を中心とし、頭から足の先まで全身のあらゆる部位を治療対象としています。
顔のケガの骨折、唇顎口蓋裂などの先天異常、続発性の眼瞼下垂等手術など幅広く対応しております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K142-4 経皮的椎体形成術 122 7.4 17.6 0.04 79.9
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 74 1.8 24.5 0.00 67.6
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 68 3.4 34.2 0.16 80.9
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 57 4.8 46.2 0.01 55.3
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除) 55 2.8 18.4 0.00 72.7
脳血管内治療センターを設け、頚動脈狭窄症・脳動脈瘤・脳梗塞など脳血管障害を中心に適切な手術を幅広く行っています。
脊椎脊髄センターを設け、腰椎脊柱管狭窄症・特発性側彎症・腰椎変性すべり症・腰椎分離すべり症・腰椎変性側彎症・腰椎変性後彎症などの
各種脊柱変形などの手術治療を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 202 0.0 0.8 0.00 77.5
K2681 緑内障手術(虹彩切除術) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
白内障に対する水晶体再建術を主に実施しています。片眼の入院期間は日帰り・1泊と短期の退院で行っています。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 20 1.3 4.8 0.00 75.6
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 16 0.8 8.8 0.00 73.6
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 - - - - -
K830 精巣摘出術 - - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) - - - - -
前立腺癌・尿路悪性腫瘍対する内視鏡手術などが多くなっています。
症状や病態に応じて適切な治療・検査・手術を行えるよう対応しております。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 24 1.0 3.8 0.00 51.0
K888-22 卵管全摘除術(両側)(腹腔鏡によるもの) 15 1.0 3.8 0.00 46.4
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 17 0.9 3.2 0.00 50.5
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 14 0.1 1.1 0.00 34.4
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 13 0.2 1.4 0.00 44.0
2018年5月より診療を開始しました。年間手術の68%は腹腔鏡手術で行われています。
子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・骨盤臓器脱など良性疾患に対する治療を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K3382 鼻甲介切除術(その他のもの) - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
耳・鼻・口・のど・頭頸部の疾患に対する手術を行っています。
症状や病態に応じて適切な治療・検査・手術を行えるよう対応しております。
*患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 16 0.23
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.28
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)は肺炎や感染症の疾患から合併して発症。
敗血症・真菌感染症なども肺炎、尿路感染症などの感染・炎症から合併して発症。
手術や処置後の合併症は感染・縫合不全などの傷からの合併症が多く発症。
発症時には早急の対応が必要となります。
更新履歴
2019.9.30
公開