リハビリテーション科 医師の紹介

回復期リハビリテーションセンター長
宮野 佐年
日本リハビリテーション医学会 専門医・指導責任者

私は『Slow ,but steady with fun』という言葉を大切にしています。リハビリは通常楽しいものではありませんが、1週間後の目標を作り、それを頑張ってクリアした時には良かった、楽しいと思え、達成感を味わえます。それが『fun』に繋がると思っています。

医師 高橋 剛治(医長)

  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

医師 太田 禎久(医長)

  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
  • 日本脳卒中学会専門医

医師 坪井 麻里佳

医師 香西 友佳

医師(非常勤)
安保 雅博
東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座主任教授

世界の脳卒中リハビリテーションは少しずつ進歩していますが、我々のグループはその“進歩の牽引車”のひとつです。近年になり最も注目されているものは、経頭蓋磁気刺激治療とA型ボツリヌス毒素治療です。脳卒中の後遺症でお悩みの方は、どうぞぜひ一度ご相談ください。

医師 新見 昌央(非常勤)

  • 日本リハビリテーション医学会認定医
  • 日本脳卒中学会専門医
ボツリヌス療法・TMS治療について