江古田氷川神社 例大祭に職員が参加しました

2018年病院まつり


2018年10月6日(土)、総合東京病院B棟の東側に位置する江古田氷川神社の例大祭が開催され、神輿の担ぎ手として、当院および東京総合保健福祉センター江古田の森の職員が参加しました。
江古田氷川神社の起こりは1460年といわれ、500年以上に渡って江古田の鎮守として地域住民から親しまれてきました。江古田氷川神社例大祭は、毎年10月に開催され、獅子舞や神輿が町内を練り歩きます。

職員は、旭公民館町会様の神輿担ぎに参加させていただきました。氏子の皆さんを中心に夜6時から江古田氷川神社の前を出発し、西に向けて移動して総合東京病院B棟の前へ、その後、旭町商店街をゆっくり移動していきました。沿道には大人から子どもまで立ち並び、手拍子をしながら神輿を出迎えていました。

今後も、このような地域の祭りに参加させていただき、微力ながらではありますが地域振興に貢献していきたいと考えております。

江古田氷川神社例大祭

江古田氷川神社例大祭き

投稿日:2018年10月15日|カテゴリ:お知らせ