いまからできる冬の感染症対策

ウイルス感染の正しい対策を教えてください
患者さんのためのQ&A

猛威をふるうインフルエンザ。今シーズンの流行について東京都の動向を追うと、2018年12月13日に流行開始の基準値を超えた旨の報告があり、その後、2019年1月17日に「流行警報」が発表されています。感染を拡大させないための正しい対策には、どんなものがあるでしょうか。

感染症対策の極意:手洗い

帰宅した時、食事の前、トイレの後には、『手洗い』を必ず行いましょう。それに加えて『手の消毒』を欠かさないことで、ウイルスを除去することができます。アルコール消毒には、インフルエンザウイルスを除去する効果があるといわれています。また、手洗いでは、手の平、手の甲、指の間、指先、手首などをしっかり洗いましょう。手洗いは30秒間行うことをおすすめします。

手洗いのポイント

  1. 手のひらと手のひらをすり合わせ、よく泡立てましょう
  2. 手の甲をもう片方の手の平に重ねて、もみ洗いをしましょう
  3. 指を組んで、両手の指の間のもみ洗いをしましょう
  4. 指先、手首まで丁寧に揉み洗いをしましょう
手指消毒の手順

当院では、手指消毒の手順を定めて徹底しています

感染症対策の極意:マスクの着用

外出する際、また人混みの多い場所に出かける際には、必ずマスクを着用しましょう。ただマスクを掛けていればいいというわけではありません。間違った着用の仕方だと、ウイルスの侵入を許してしまいます。『マスクの正しい着用』を心がけましょう。

マスク着用のポイント

  1. 鼻が隠れていますか?
  2. あごが隠れていますか?
  3. マスクのプリーツ(ひだ)が閉じたままになっていませんか?
  4. 鼻のラインに沿ってマスクを折り、顔にフィットさせていますか?
マスクの正しい着用方法

正しい着用方法をマスターしましょう

感染症対策の極意:うがい

口腔内が汚染されていると、様々なウイルスが増殖する条件が整ってしまい、のどが感染しやすくなるといわれています。『うがい』は、のど本来が持つ防御機能を高めるとともに、うがい薬を使えば口腔やのどを清潔に保つことができます。のどの粘膜の機能が回復すると口腔内が活性化され、感染の予防が期待できます。


(監修/感染対策室・感染管理認定看護師 渡邉 恵奈)

投稿日:2019年1月16日|カテゴリ:医療コラム
医療コラムトップページ