総合東京病院新棟(B棟)開設のお知らせ

2017年4月より、これまでのA棟に隣接してB棟が完成し稼働を開始致しました。救急治療センター、脳神経センター、心臓血管センター、リハビリセンターを新たに開設し、最新の設備を整えております。当院は、救急医療・急性期医療の提供体制を更に充実させ、地域の中核的急性期医療機関として、また、一般病床と回復期リハビリ病棟を兼ね備えた稀有な医療機関として、小児から高齢者まで一貫したサービスを提供することで、今後も地域に貢献してまいります。

新棟(B棟)
B棟1階
新棟(B棟)

脳神経センター

脳神経センター

脳血管内治療センター

脳血管障害を中心に、脳動脈瘤に対する コイル塞栓術、頸動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術、超急性期脳梗塞の治療に対してはtPA治療、そして新規の血栓回収デバイスを導入した脳血管内治療を積極的に行っています。

脊椎脊髄センター

日本脊髄外科学会の訓練施設として認定され,脊髄外科医育成のための基幹病院ともなっています。頸椎変性疾患・腰椎変性疾患・脊椎圧迫骨折・胸椎変性疾患・頭蓋頸椎移行部病変・脊髄腫瘍が当センターで扱う主要疾患となっており、保存的治療に重点をおいていますが、無効な場合には顕微鏡下での低侵襲手術を積極的に行っています。

脳卒中センター

脳卒中センターでは、脳梗塞を始めとする脳出血、くも膜下出血の脳卒中に迅速に対応し、早期診断治療を行います。脳梗塞ではtPAを用いた血栓溶解療法さらには脳血管内治療専門医と連携して血管内治療を行い、先進的な治療を提供しております。

脳神経疾患センター

脳出血、脳動脈瘤に対するクリッピング術や、脳虚血に対するバイパス、内膜剥離術等の脳卒中に対する外科的治療を行っています。また、三叉神経痛、顔面けいれん等の神経血管圧迫症候群に対する手術や脳腫瘍の手術も行っています。

福島孝徳 脳腫瘍センター

福島孝徳医師の脳神経外科手術症例は 24,000人に達します。そのうち脳神経外科頭蓋底手術は16,000例以上(世界記録)、頭蓋底脳腫瘍で10,000例といった圧倒的な手術成績があります。一般的には手術困難である頭蓋底、下垂体、脳部、脳室内などの病変、巨大脳腫瘍、巨大脳動脈瘤、複雑な脳血管バイパスなどの手術を行います。

小児脳神経外科センター

小児脳腫瘍は患者数の少ない小児脳神経外科において、さらに絶対数の少ない領域であり、高度の経験を持つ医師は限られています。またCT、MRIなどの検査においても鎮静が必要であるということなどの特徴があります。当院では福島孝徳医師を中心にして、治療困難な小児脳腫瘍、小児脳血管障害の患者さんの治療を行っています。


救急治療センター ~365日、24時間命を救う命を守る~

救急治療センター

大切な命を救うために一刻を争う救急医療は、医療において最も重要な分野のひとつです。社会の高齢化などを背景として必要度が増しており、総合東京病院でも毎年のように救急搬送患者数や時間外受診者数が増加しています。救急医療においては、容体の急激な悪化、交通事故、ケガなどの様々な理由で病院を訪れる方へ、瞬時にそして的確な対応が要求されます。当院ではこのような社会的要請に応え、質の高い救急医療を提供するために努力してまいります。当センターには新たに東芝製320列CT Aquilion ONEを導入致しました。このCTは被曝量の低減、一度の息止めにより心臓部分全体を撮影することができますので、検査時間の短縮や心臓、細い血管などの撮影に適しており高解像度の画像が得られます。センター内に最新鋭のCTとMRIも設置致し、迅速な診断治療を行います。



B棟2階
B棟2階

心臓血管センター

国内トップクラスのカテーテル治療専門医チームが心臓・血管のカテーテル治療を行います。また4月より不整脈専門医2名も加わり、不整脈に対する専門的加療も可能となりました。世界初導入となるアンギオ装置2台を含めカテーテル室を3室とハイブリッド手術室1室(今後増設予定)を配置しました。また新たに320列CTや最新鋭の超音波装置を導入し、 CCU(重症心血管疾患患者用)4床、一般急性期38床を有します。循環器疾患すべてに対応できる循環器専門病院の機能、施設が総合東京病院に誕生しました。

心臓血管センター 心臓血管センター

B棟3-5階
リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

急性期リハビリテーション

急性期リハビリテーション

高度治療室(HCU)、冠疾患治療室(CCU)、から一般病棟で早期 からのリハビリを提供します。

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション

病床数142床は都内有数の規模です。急性期一般病棟と、隣接するグループの福祉施設とも連携しシームレスなリハビリを展開します。

外来リハビリテーション

外来リハビリテーション

医療保健での外来リハビリで心身機能の回復を図ります。

訪問リハビリテーション

生活場面での実践的なリハビリを介護保険・医療保険にて提供 します。ご家族への介助指導や福祉用具の選定も行っています。

aim_img_01

B棟5階ADL室

在宅復帰を目指して実践的な訓練が可能です。

B棟5階ADL室

B棟3階リハビリ訓練室

最新鋭のリハビリ機器とロボットの支援機器を用いて、専門的なリハビリを実施します。

B棟3階リハビリ訓練室 B棟3階リハビリ訓練室

リハビリ連携サポート室

回復期リハビリテーション病棟窓口、脳卒中後遺症へのrTMS治療・ボツリヌス治療窓口です。リハビリについてのお問い合わせはリハビリ連携サポート担当者までお願いします。

リハビリ連携サポート室
リハビリ連携サポート室