第1回 みんなのハートカンファレンス開催のご報告

2月4日(木)当院4F大会議室にて、第1回 「みんなのハートカンファレンス」が開催されました。

当院としては初めての試みになる循環器疾患に焦点を当てたカンファレンスに、中野区、練馬区を中心に院外から28医療機関・34名の先生やスタッフの方にご参加頂きました。

まず➊症例検討会では、まるたに内科循環器科(中野区)院長 丸谷 公一先生を座長にお迎えし、地域の先生方からご紹介頂いた4例について、当院での治療経過から転帰を当院循環器内科 部長 中野 雅嗣医師より発表致しました。

続いて➋ミニレクチャーでは、原医院(練馬区) 院長 原 敬治先生を座長にお迎えし、『循環器疾患に対する抗血栓薬の使い方』と題しまして、『1. 薬剤溶出性ステント植え込み後術抗血小板療法』『2. 心房細動の抗凝固療法』『3. 心臓弁膜症弁置換術後の抗凝固療法』の3テーマに沿って中野医師より講演致しました。

心臓血管センター


アンケートより(一部抜粋)

症例検討会について

  • カテーテル所見を示して頂き、わかりやすく説明して頂きありがとうございました。今後とも入院カテーテルになる症例を供覧して頂けると開業医にはとても新鮮です。

ミニレクチャーについて

  • スライド解りやすかった。
  • 今回、内視鏡検査時の服用については、消化器医師の意見が聞きたかった。

今後のミニレクチャー希望テーマ

  • どんな刺激が(ex. 歯科治療)心臓疾患のトリガーになるか。
  • 不整脈、心房細動の治療。

循環器内科・ハートラインについて

  • 24hr対応はすばらしいと思います。
  • ハートカンファレンスの継続を望みます。すばらしいカンファレンス、ありがとうございました。


ミニレクチャー後、場所を1Fレストランに移しての意見交換会となり、夜もふける中活発な交流が行われ、盛況のうちに会はお開きとなりました。
今後も定期的に第2回、第3回と回を重ねていき、地域の先生方との連携のパイプ作りに努めてまいりたいと存じます。お忙しいところご参加・ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

心臓血管センター