静脈瘤外来

診療内容と特徴

下肢静脈瘤は、足に血管が浮き出し瘤となり、悪化すると皮膚が黒ずみ、びらんや潰瘍を引き起こす血管の病気です。一般的な症状は足の重だるさ、むくみ、こむら返りや瘤のほてり、かゆみです。出産経験者や立ち仕事をしている女性にかかりやすい傾向があります。自然に治癒することはありません。下肢静脈瘤は少しずつ進行していき、炎症やびらん・潰瘍を引き起こすこともありますので、上記の症状がある方は治療の検討が必要です。
静脈瘤外来では、弾性ストッキングを使った圧迫療法、ならびに血管を引き抜くストリッピング手術や、レーザーで血管を焼灼する血管内レーザー治療などの手術療法を行っております。患者さんの症状に合わせた診断・治療を行っております。

下肢静脈瘤は足のだるさやむくみを感じますが、慢性化すると自覚症状を感じづらい場合もあります。死に至る病気ではありませんが、生活に支障が出ることがありますので早めの受診をおすすめいたします。

診療時間

毎週水曜日 午前・午後
担当医:小澤(血管外科)

休診・代診、診療時間変更についてはこちらをご覧ください。

対象疾患

  • 下肢静脈瘤

対象となる症状

ふくらはぎのだるさや痛み、足のむくみ、こむら返り

行っている検査

触診、エコー検査

行っている治療

  • 圧迫療法(弾性ストッキング)
  • 手術療法(ストリッピング手術、血管内レーザー治療)