呼吸器内科

診療時間

休診・代診、診療時間変更についてはこちらをご覧ください。

「診察曜日・時間について」
詳しくは、 外来診療担当医師一覧表 をご覧ください。

診療方針

一人一人の患者さんに寄り添いご本人、ご家族と相談しながら患者さんの利益を最優先に考えた診療を進め、理論的根拠に基づいた質の高い医療を提供いたします。

診療科について

呼吸器とは気管、気管支、肺など呼吸に関する体の臓器の異常や病気を診る科です。呼吸器は直接大気と接する唯一の内臓臓器であり、また、酸素を体に取り込むために全ての血液が肺胞の毛細血管を通過します。すなわち呼吸器系の病気は外界から病原体を吸入することで外因的に起きる病気や、病原体が血流に乗って起きる内因性の病気があり呼吸器疾患は非常に複雑で多岐にわたります。
具体的に呼吸器の病気は肺癌や胸膜悪性中皮腫などの悪性疾患、肺炎や結核などの感染症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)や気管支喘息、間質性肺炎などの慢性疾患、膠原病などの全身性疾患など幅広い疾患が対象となります。
「風邪をひいた後に咳が続く」「長年煙草を吸っているが階段を上がるときなどに息切れする」「呼吸をするときにヒューヒュー音がする」「痰に血が混じる」「胸が痛い」などの症状や「胸のレントゲンで胸に影があるといわれた」などの検査異常があれば受診してください。

外来風景

診療科で診る病気

肺腫瘍(原発性肺癌、悪性胸膜中皮腫など)
呼吸器感染症(肺炎、誤嚥性肺炎、肺化膿症、結核、非結核性抗酸菌症、細菌性胸膜炎など)
慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)
アレルギー・免疫疾患(気管支喘息、好酸球性肺炎、サルコイドーシス、肺アスペルギルス症など)
間質性肺炎(肺線維症、過敏性肺炎、薬剤性肺障害など)
慢性気道炎症(気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎)
胸膜疾患(胸水貯留、気胸など)
慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法、睡眠時無呼吸症候群など
急性呼吸不全(急性呼吸脅迫症候群)、喀血など

診療内容と当科の特色

当科では常勤の2人の呼吸器専門医を中心に診療に当たっております。科内で活発にディスカッションしながら診療を行っており、呼吸器外科などの他の専門の分野とも連携を取りながら全人的な医療を進めています。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)や誤嚥性肺炎など呼吸器の病気は全身的な衰弱が進んでいることが多く、患者さんを中心に医師だけでなく看護師や理学療法士、言語療法士、管理栄養士、薬剤師など多職種と互いに連携を取りながらリハビリテーションや生活支援、栄養改善などを行い患者さんのQOL(Quality of life)の向上を目指しています。
原発性肺癌の治療は近年、複雑化し組織型や遺伝子変異の検索が非常に重要となっており、出来る限り大きな癌組織の採取が必要です。そのための検査として気管支鏡検査を行っています。更に正診率の向上のために超音波気管支鏡を用いた、超音波気管支鏡ガイド下針生検でのリンパ節生検(EBUS-TBNA)やガイドシース併用気管支腔内超音波断層法での肺生検(EBUS-GS)も必要があれは併用しております。また、胸水貯留の原因精査のために侵襲の少ない局所麻酔下胸腔鏡検査も施行可能です。
当院の強みとしてはPET-CTを2台導入しており迅速な全身の評価や病変の活動性の評価が可能です。また、同じグループ内の南東北病院で先進医療の陽子線治療を行うことも可能です。

気管支鏡検査

関連する診療科目はこちら

診療実績

平成28年4月~平成29年3月の診療実績
外来患者延数:4343件
入院患者延数:3073件
気管支鏡実施件数:11件

スタッフ紹介

柿沼 龍太郎

柿沼 龍太郎

医長

主な経歴

  • 1978年 福島県立医科大学 卒業

専門としている領域

  • 肺がんの画像診断

専門医・指導医

  • 日本呼吸器学会専門医
武岡 慎二郎

武岡 慎二郎

医長

主な経歴

  • 東京医科歯科大学医学部 卒業

専門としている領域

  • 呼吸器内科

専門医・指導医

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本呼吸器学会専門医
亀山

亀山 伸久

医長

主な経歴

専門としている領域

  • 呼吸器内科

専門医・指導医

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本呼吸器学会専門医
松岡 健

松岡 健

非常勤医師

主な経歴

専門としている領域

  • 血液内科

専門医・指導医

  • 日本呼吸器学会指導医・専門医
  • 日本内科学会認定医