回復期のリハビリテーション(365日実施)

当院は回復期のリハビリテーション病棟を所有しており、下記の方が対象となります。


対象疾患 発症からの入院 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、又は義肢装具訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

※回復期病棟への転院は、主治医かケースワーカーにご相談ください。



訓練室だけでなく、退院後の生活の場を想定した実践的な練習も重要です。病棟スタッフによる日常生活の練習に加え、屋外での動作練習や公共交通機関の練習など、患者1人1人に適したリハビリテーションを提供します。また、個々の状況にあわせてご自宅に伺い、家屋環境の調整や福祉用具の選定なども積極的に行っています。

回復期のリハビリテーション