【院内特別講演】6/11(日)13:00~16:00『がんと心臓病の先進医療』

市民公開講座『がんと心臓病の先進医療』を開催いたします。

入場無料(※どなたでもご参加いただけます)
公開講座-H2906東京病院(本番)

座長は当院院長 渡邉貞義医師が務め、がんの早期発見・早期医療やPETによるがん検診の最新情報についてわかりやすくお伝えします。
当院副院長、心臓血管センター長 塚原玲子医師による講演では、昨今の心臓病を取り巻く最新情報や、当院で多くの実績があるカテーテル治療について詳しくお伝えします。
また、粒子線治療施設として全国有数の実績を誇る南東北がん陽子線治療センターのセンター長 村上昌雄医師による講演では粒子線治療についてお伝えします。
粒子線治療は「陽子線治療」と「重粒子線治療」の2種類に大別され、当グループの南東北がん陽子線治療センターでは陽子線治療を実施しています。体にメスを入れず、がんの病巣を狙い撃ちすることが可能な陽子線治療の最新情報についてお聴きいただける大変貴重な機会となっております。

今回の講演では、ご来場された方の中から抽選にて「PET健診モニター」を募集致します。
また、講演後、ご希望の方には「PETがんドック割引ご優待券」を進呈致します。
当院で行っている「PET-CTがんドック」は、がんの早期発見に有効ながん検診として、多くの患者さんよりご好評いただいております。是非この機会に受診をご検討くだされば幸いです。

どなた様もお誘い合わせの上、是非ともご来場くださいますようお願い申し上げます。

市民公開講座 詳細情報

  • 日時: 6/11(日)13:00-16:00
  • 会場:総合東京病院B棟STR東京ホール
  • 演題:『がんの早期発見早期医療~PETによるがん検診~』
  • 講師:南東北グループ 副理事長  総合東京病院 院長 
       (講演)渡邉 貞義 医師
  •     
  • 演題:『心臓病における最新の治療』
  • 講師:総合東京病院 副院長  心臓血管センター長
       (講演)塚原 玲子 医師
  • 演題:『どのような病気に粒子線治療を行うのか?』
  • 講師: 南東北がん陽子線治療センター長  獨協医科大学特任教授 
       (講演)村上 昌雄 医師
投稿日:2017年5月23日|カテゴリ:公開講座 情報