徳田安春医師セカンドオピニオン外来のお知らせ

平成28年2月から『徳田安春医師』によるセカンドオピニオン外来を開始します。
※NHK「総合診療医ドクターG」でもおなじみの徳田安春医師による診察が受けられます。

徳田先生セカンドオピニオン_20160127

 

【セカンドオピニオンとは】
患者さんが現在治療されている病院での診断内容や治療方針について、納得して治療を受けられるよう他の病院の医師に意見を求めることです。

当院のセカンドオピニオン外来では、他院におかかりの患者さんを対象に、現在の診断・治療に関して、当院の専門医が意見を提供します。その意見や判断を、患者さんご自身が治療法を選ぶ際の参考にしていただくことが目的です。

 

【予約受付窓口と受付時間】 

※完全予約制になっております。
ご予約の際は、ご紹介いただく医療機関の紹介状や画像等の検査結果がお手元に揃っている事が前提となりますので、ご了承願います。

予約受付窓口 : 地域連携室(完全予約制)03-3387-5444
予約受付時間 : 平日 午前9時~午後5時

 

【相談日と時間帯】
診療科   : 内科
対象疾患  : 総合診療の立場から
担当医師名 : 徳田 安春
曜日/時間 : 毎月原則として第3月曜日/午後2時~午後5時

        ※月により外来無しの月もあり ます。ご了承下さい。


【料金】
・60分を限度とし、料金は1回のご相談につき54,000円(税込)となります。
・健康保険は適用されませんので全額自費となります。当日会計窓口でお支払い下さい。
・お問い合わせやご予約には料金はかかりません。
 

【ご相談に必要なもの】
・セカンドオピニオン目的の診療情報提供書(用紙の指定はありません。)
・これまで行った検査資料(具体的には次のようなものです。)
  1.血液検査結果
  2.生理学的検査の結果(心電図、呼吸機能など)
  3.レントゲン検査、MRI検査、CT検査のフィルムまたは画像データ。
  4.病理組織検査の報告書
  5.超音波検査の結果と画像など
・ご本人が来院できず、ご家族だけでご相談を受けられる場合は、患者さん本人の署名がある同意書(形式は問いません)、家族関係を証明できる健康保険証など。
・患者さんが18歳未満の場合は、相談者との続柄を示す健康保険証など。

 

【セカンドオピニオンの対象となる方】
原則的に患者さんご本人ですが、患者さんの同意がある場合はご家族の方の相談も可能です。

【セカンドオピニオンをお受けできない場合】
・ご本人とそのご家族以外の方からのご相談。また、ご家族でもご本人の同意書をお持ちでない場合(ただし、ご本人が18歳未満の場合を除く。)
・セカンドオピニオン外来にて当院での治療など診察行為を希望される場合。
・主治医に対する不満、医療事故に関する相談や訴訟への発展が予想される場合。
・精神疾患に関するご相談の場合。
・ご本人が既にお亡くなりになられている場合。
・すでに終了している治療に対しての相談の場合。
・予約をしていない場合。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【徳田安春医師のご紹介】

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)本部及びJCHO東京城東病院顧問

1988年琉球大学医学部卒
沖縄県立中部病院にて臨床研修後、沖縄県立八重山病院、沖縄県立中部病院

聖路加国際病院/聖ルカ・ライフサイエンス研究所

筑波大学附属水戸地域医療教育センター・水戸協同病院総合診療科教授

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)本部及びJCHO東京城東病院顧問

沖縄県立中部病院に総合内科グループを初めて立ち上げた。


水戸協同病院では、国立大学では初めてのテサライトキャンパス

(筑波大学附属水戸地域医療教育センター)を設置するなど、

医療の革新に取り組んでいます。

 

 

 

投稿日:2016年1月27日|カテゴリ:お知らせ