総合東京病院 新棟建築工事 起工式

12月23日に総合東京病院新棟建設工事の起工式が無事に執り行われました。

新棟工事現場にて江古田氷川神社宮司様により神事が厳かに執り行われ、鍬入れの儀 斎鎌(いみかま)を株式会社 伊藤喜三郎建築研究所 原勇次代表取締役社長、斎鍬(いみくわ)を健貢会 渡邊貞義理事長、斎鋤(いみすき)を株式会社 熊谷組 樋口靖代表取締役社長が行入れました。

CIMG3342

 

CIMG3389

起工式/渡邊貞義理事長

 

CIMG3489

参列者一同工事の安全を祈願しました。

 

起工式終了後、直会(なおらい)が行われました。発注者挨拶として渡邊一夫南東北グループ総長、渡邊貞義理事長の挨拶の後、中野区 田中大輔区長、中野区医師会 山田正興会長よりご挨拶をいただき、和やかかつ活気に満ちた会が進行しました。

 

 

CIMG3505

直会 発注者挨拶/渡邊一夫総長

 

CIMG3535

直会 来賓挨拶/田中大輔中野区長

 

CIMG3552

鯛の塩釜/鏡開き

参列者は「新たな病院への期待」に胸を膨らませながら暫し歓談をしたのち、熊谷組岩戸作業所長から工事に際し周辺地域住民への配慮を尽くし、事故のないよう作業を進める事を誓い、閉会となりました。

 

 

投稿日:2016年1月5日|カテゴリ:お知らせ, 新棟工事状況